ロゴ

繰り返される吐き気には要注意【ノロウイルスの特徴】

マスク

ノロウイルスとは?

ノロウイルスとは赤ちゃんから高齢者まで幅広い年齢層に感染し、急性胃腸炎を引き起こすウイルスです。一度感染しても長期にわたってその免疫を維持できないことから、何度も感染する恐れがあります。ノロウイスルの感染ピークは冬ですが、一年を通じて感染します。しかも、感染力が非常に強くアルコールや熱に対しても耐性を持っています。

男性

ノロウイルスの主な症状

ノロウイルスの主な症状は、嘔吐や下痢、腹痛、発熱です。ウイルスの潜伏期間は12~48時間であり、突然吐き気が襲ってくるのが特徴です。発熱しても37度から38度と高熱が出るわけではないのですが、何度も嘔吐したり、水のような下痢が続いたり、腹痛を伴ったりと胃腸に強い症状が現れます。発症しても、1日から2日で症状は治まってきます。

医師と女性

ノロウイルスの流行時期

一年を通じて感染するノロウイルスですが、11月ころから2月にかけて最も流行します。冬は寒さや乾燥などの影響で免疫力も低下しているため、風邪やインフルエンザだけでなくノロウイルスにも感染しやすくなるのです。さらには、感染者の汚物も感染を拡大する要因になります。ノロウイルスはインフルエンザのようなワクチンもないため、感染を防ぐことも難しいのです。

女性

ノロウイルスの主な感染ルート

ノロウイルスの感染経路は、主に3通りあります。1つめはノロウイルスに汚染された貝類や生ガキなどを十分に加熱しないで食べた場合、2つめは、ノロウイルス感染者がしっかりと手を洗わずに調理した食品を食べた場合、3つめがノロウイルス感染者の汚物処理が適切でなかった場合です。ノロウイルスは熱やアルコールにも強く、簡単に死滅しないため適切に処理する必要があります。

腹部を抑える女性

ノロウイルスに感染した場合の対処方法

ノロウイルスに感染してしまったら、適切な治療薬はなく対症療法となります。体内に入ったノロウイルスが便や嘔吐物として出るまでは、こまめに水分補給を行い安静に過ごしましょう。また、一度にたくさん水分を取ると吐き気を催す原因となるため、少しずつ摂取するのが望ましいです。抵抗力の弱い高齢者や子供は重症化しやすいため、脱水症状が起こらないように注意が必要です。

ノロウイルスの対策方法3選

子供

手洗いうがいを徹底する

ノロウイルスは食品からだけでなく、人からも感染します。トイレの後や食事を作る前、食べる前には薬用せっけんで手をきれいに洗うだけでなく、うがいも習慣にするようにします。

免疫力を高める

日ごろから免疫力を維持できるよう、健康管理に気を配ることも大切です。ビタミンやミネラルなど、バランスのとれた食事をとるように心がける、睡眠をしっかりと確保して疲れをためないようにすることです。

適切な処理方法を知る

ノロウイルスの感染を拡大させないためにも、感染者から出た汚物の適切な処理方法について知っておきましょう。ノロウイルスはアルコールや熱では死滅しないため、塩素系の漂白剤を薄めたもので消毒します。

広告募集中